クレジットカードはネットショッピングの強い味方!



私が長年愛用しているクレジットカードは、楽天カードです。
このカードを作るきっかけとなったのはネットショッピング。
かれこれ10年以上利用してきましたが、当時(今でもですが)の私の趣味はネットショッピングでしたので、買い物の代引き手数料や振込み手数料を浮かせるために使用を始めるようになりました。
何しろ、クレジットカードを利用すれば、ネットショッピングの際にかかる代引き手数料(300円位)や振込み手数料(200円位)が全てタダになりますので、利用しない手はありません。
それまで、代引き手数料だけで年に2万円近くは出していたのだと思いますので、クレジットカードの利用がどれだけの節約になるのか、今でも楽天カードにとても感謝しております。
しかし最初は、クレジットカードという存在自体に疑いを持っておりました。
何しろ、ただクレジットカード番号などを画面に入力するだけで(一応その後も使えるように登録して)お金を払ったことになるのですから、その容易さに戸惑っておりました。
そして、悪用されればとんでもないことになってしまう・・・そんな思い込みを持っておりました。
しかし、そんな戸惑いを抱きながらも10年以上使ってきて、悪用されたことは一度もありません。
もちろん、全ての人に悪用の危険性がないのか、と問われれば、悪用される場合もあると言うべきなのでしょうが、少なくとも私がクレジットカード悪用の被害などに遭ったことはないのです。
私は、クレジットカードを利用するのはネットショッピングだけ、と決めておりますので(つまり外に持ち出さないので)、その点でも安心です。
楽天カードは、手元にカードがある以上(紛失していなければ)、悪用された場合には補償の対象となりますので、ネットオンリーなら安心して使用を続けられる。
また、利用限度額の設定などもできますので、自ら限度額を下げて(20万円まで)、万が一の場合(紛失など)には被害を最小限にとどめるようにしております。
しかし、限度額を下げたというのは、それ以外の理由もあります。
私は、クレジットカードを所有してから買い物の回数が増えてしまった時期があり、気づいた時には一括での支払いが大変になっていたことがありました。
楽天カードは、後からリボ払いに設定することができますので、その時は、使用した買い物分全てをリボ払いに登録して、なんとか乗り切りました。
楽天カードのリボ払いは、月々の基本額が5千円、追加で返済額を足して(1万円単位)返済していくことができます。
リボ登録当初は「楽になった」と思っていたのですが、後々考えてみると、20万~30万のリボ返済だと月に数千円の手数料がかかるので、長引くと手痛い出費になることが判明。
それからは、返済額を追加して4ヶ月程度で完済しましたが、「もうクレジットカードでのリボ払いはしない」と心に決めました。
クレジットカードは便利な反面、使いすぎてしまう心配もありますので、自己をしっかりとコントロールできなければなりません。
しかし、賢く使用できれば節約につながりますので、持っておいても損はないカードだと考えております。